社会福祉法人鶯園 神戸事業 ロングステージ 兵庫県神戸市東灘区・灘区の特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス・各種介護サービス

印刷ページを表示

トップページ > ロングステージ通信

ロングステージ通信

 11月19日午後、外が12月中旬並に寒い中、ロングステージ御影(特養)で家族会を行いました。

 冒頭の挨拶で、司会の盒響蠱粍が、

  ・第16回の家族会を開催します。

 そう、もう16回目なんですよね。
 御影の開設は平成17年4月です。年に1回の年もありましたが基本年2回ご家族のみなさまにお集まりいただいています。

 介護保険の制度変更に伴う説明や同意などが議題として重要なときもありますが、おおむねの議題は、

   ・今現在の施設生活について
   ・施設生活での今後について(看取りを含む)

 が関心事になり、食事や認知症・看取りの実際などその時のテーマに合わせて一緒に考えてきました。
 似通った内容を行う時もあるのですが、ご家族はその都度参加者が違いますし、入居されているゲストが、今どのステージにいるのかも話しの身近さに大きく関係してきます。

20171119-29.11_400.jpg
施設のおける家族の関わり方について

 今日の資料です。
 私たちのこの12年の経験知をまとめています。
 難しい理論ではなくて、経験して体得してきたことをまとめてみました。

 あと、嚥下体操の様子を撮影したVTRを流したりして、

  ・生(なま)の介護場面を観ていただきました。

 なかなか、目にすることのない様子に、興味津々としった感じのご家族様でした。

 こういう機会を使って、介護の実際を伝えていきたい。
 こういう機会を使って、今までの経験知を伝えていきたい。
 そして、施設での介護を“外”に知らせていきたいと思っています。


 11月11日は“介護の日”だったそうです。

  ・自分が受けたい介護
  ・親が介護状態になったらどうするのか
  ・介護に関する費用

 などについては、数々のキャンペーンやTVCMで見かけることがありました。
 でも、

  ・いま、実際に行われている介護
  ・親を施設に預けている家族がしていること

 などは、全然メディアに露出することはありませんでした。

 なかなか“共同体験、共通認識”は難しいとは思います。
 しかし、現実に行われている介護からでないと見えない事実や将来はあるのです。
 そんな機会の端緒になればいいなと思いながら家族会を終了させていただきました。
 11月11日(土)大阪梅田“アクセス梅田フォーラム”(富国生命ビル12階)で開催された【はたらいく就職転職フェア@大阪】に出展しました。



20171112-IMG_5137_400.jpg
私たちのブースです!

 だんだん洗練されてきたように思います(自画自賛)
 このブログを見に来ていただいている方なら、見たことのある写真や文章ばかりだと思います。そりゃそうなんです。
 ロングステージが広告に使っている写真は、モデルさんではありません。
 実際に働いている職員と、実際に暮らしているゲストさんです。
 そして文章も、取材に来ていただいている制作担当者と私とで練り上げて作っています。
 ですから、

  ・媒体によって内容が違ったりしない
  ・イメージ写真や抽象的な文章は使わない

を徹底しているつもりで作っています。

 『はたらいく就転職フェア』はもちろんですが、『リクナビ』や『マイナビ』の合同就職説明会にも出店する計画です。
 また、社会福祉協議会主催の『福祉の就職総合フェア』にも参画します。
 たくさんの同業他施設が来られていますが、社会福祉法人鶯園 ロングステージ神戸事業のイメージカラーである

  ・アドリアンブルー

を探してください。
 現場職員共々お待ち申し上げております。

 あと、もう2019年春卒業生(現3回生)向けの就職説明会の会場を決めています。
 なんと、

  ・グランフロント大阪 ナレッジキャピタルカンファレンスルーム 4日間
  ・神戸国際会館セミナーハウス 1日間

 忙しい3月だと思います。
 交通の便の良い会場です。
 是非とも、一度私たちのブースを訪れてください。
 日程は、2019サイトグランドオープンと共に公開します。
 以前、就職活動の資料として今までの求人広告をエッセンスをまとめた『小さなパンフレット』を作ったとお伝えしました。
 この小さなパンフレット(B6サイズ)評判が良くて、当初印刷した部数が残り少なくなってしまいました。
 増刷しようと考えていたんですが、「郵送するにしても手渡しするにしても、お渡しする人は限られてしまう」とのアドバイスを受けました。
 それで、【You Tube】で公開することにしました。



20171103-show_top_400.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=KAqFWx7rJ18

 音楽とナレーションが入っています。
 4分27秒あります。
 就転職フェアのブースなどでも、プロジェクターを使って映す予定です。
 もちろん、スマホ対応なので、学生さんたちにもぜひ見ていただきたいです。


20171103-QR_Code.jpg
QRコードも作りました。


 作ってみると面白いので、今までの素材を使って続編を作ったり、行事やテーマ毎にまとめてみようかとも考えています。
 ご覧いただいて、もしも気に入られたら、【You Tube】に、いいね!やコメントをいただけるとありがたいです。
 また台風(22号)が接近してしまいました。
 毎年楽しみにしている

  ・はまいしやキッズHALLOWEEN

 が、台風による強風注意報発令(神戸市)のため中止になってしまいました。



20171028-DSC_0176_400.jpg
「Trick or Treat」→「HAPPY HALLOWEEN」のお菓子です

 かわいいのを準備してお待ちしていたのですが、しょうがないですよね。
 係の方に委ねて、今日を楽しみにしていた子どもたちにお渡ししていただくことになりました。

 さて、28日の「ハロウィーンキャラバン」の前に、ロングステージ御影では施設内で「Treat」(ごちそう)を楽しみました。ごちそうといっても、ごはんメニューではなくて、おやつに【ケーキバイキング】を楽しんだのです。



20171028-DSCN0203_400.jpg
ハロウィーン仕様のケーキワゴンです。

 プチケーキや、カップムース満載のカートで、ゲストの間を巡ります。
 おもてなしするのは、悪霊姿に変装した職員です。
 悪霊とはいっても、悪戯好きな子どもの悪霊に扮します。
 とってもかわいかったのですが、本人たちのたってのお願いでエプロン姿までの公開になっています。


20171028-DSCN0199_400.jpg
色とりどりのプチケーキ。選ぶ楽しさを味わっていただきます。

 私も、ホテルなどのバイキングに行くと、食事はそこそこにしてデザートスイーツをたっぷりと楽しむほうです。
 どうです、オークラとまではいきませんが、かなり豪華ですよね。
 色とりどりのスイーツを選んでいただく楽しさと仕掛けがあります。
 そして、ギョウザの時もそうでしたが、咀嚼や嚥下能力が落ちてきているゲストにも同じように楽しんでいただく仕掛け、食べやすく飲み込みやすいムースも2種類準備しました。


20171028-DSCN0202_400.jpg
だいたいお一人3種類ほどはお召し上がれます。

 ロングステージ御影恒例の“お代わり自由”です。
 だいたい3種類くらいで満足されるようですが、思わず職員が止めに入るほどの食欲を見せるゲストもおられます。
 ケーキもスポンジ系ではなくムース系であれば、咀嚼嚥下能力が低下してきたゲストでも食べやすいようです。
 お寿司の実演は敬老会の恒例となっています。
 御影近辺は美味しいスイーツ店がたくさんあります。
 どこかの有名パティシエ(パティシエール)さんが、施設にやってきてくれて実演をしてくれませんかね。
 きっと、とても楽しい機会になると思います。
 商品名で申し訳ありません。
 マルハニチロさんが出しているやさしいおかずシリーズ【みためがギョウザ】を使ってのレクリエーションを行いました。


20171027-DSCN0207_400.jpg
ホットプレート焼く、味の素の冷凍ギョウザ

 ゲストのIさんにお手伝いしていただきます。
 ギョウザの焼ける【匂い】、【音】がフロアーに充満します。

  ・食欲をそそります!

 この雰囲気で、今回のレクリエーションの目的の半分は成功したようなものです。

 美味しく食べていただくための努力は惜しみません。
 美味しいものを作る、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく出す。
 味付けについても、いわゆる薄味というわけではなくて、旨味のしっかりと効いた味にする(濃い味付けとは違います)
 そして、食欲を持ってもらうことです。


20171027-DSCN0208_400.jpg
どんどん焼いていきます

 ひょっとして、ギョウザの焼ける匂いと音は、食欲をそそる順位でTOPを争うものではないかと思います。
 またまた特定のお店の名前で申し訳ないのですが、ギョウザレク当日のロングステージ御影4階フロアーは“餃子の王将”のようでした。
 今回のレクは、この“焼く”が主眼です。従前であれば皮やタネを作ったり、包み込んだりする“調理”に主を置いていたのですが。ゲストの方々も高齢になり、また日常的な生活動作のレベルも低下してきているので、なかなかタネを皮で包んで形を整えることができる方は少なくなってきています。
 遠足に行ったり、サーカスを観にいったりもしますが、生活動作レベルが落ちてきたゲストにいかに楽しんでいただくか? ここのところは大切で、私たちこそが感じて始めていかなくてはならないことだと思います。



20171027-DSCN0212_400.jpg
一人前は5個です。もちろんお代わり自由

 餃子の王将では、確か1人前6個だったように覚えています。
 ビールと共に2〜3人前というところですから、お昼ごはんの主菜としてはこんな量なんでしょう。でも、やっぱり美味しいのかお代わりをするゲストもおられました。
 どんどん食べて、ニンニク臭くなってください。
 フロアー全員が食べているので気になりませんので......
 みなさん、あまりに美味しそうに食べられるので、写真を撮っている私もお腹がへって困りました(笑)



20171027-DSCN0211_400.jpg
これが【みためがギョウザ】です

 ギョウザをムースで再現しました。私も試食しましたが、食感はムースですが味は完全にギョウザです。恐ろしいほど“ギョウザ”しています。ビールが欲しくなります。
 今回のレクに当たって、じつはこの【みためがギョウザ】を使うことも、とても大切なことでした。
 座位が長く保つことができない人に外出は難しい、日常の生活機能が低下した人は私たちと同じ食事を食べることが難しい。なので、どうしてもレクリエーションは比較的要介護度の軽い人に合わせて行わざるを得なくなってきていました。
 今回は、通常の昼食時間に合わせて行うレクリエーションなので、食べたギョウザは昼ご飯です。なので、全ゲストが食べることができることが条件になりました。

  ・味の素のギョウザ(普通の冷凍食品)を使った焼餃子
  ・味の素のギョウザ(普通の冷凍食品)を使った水餃子
 そして
  ・マルハニチロのみためはギョウザ

 で、全てのゲストさんに“ギョウザ”を味わっていただく趣向だったのです!


 結果は大成功!(^^)!、

  ・ゲストも「美味しかったわ」と大絶賛
    ↓
  ・それを見ていた職員が「Kさん、Iさんとってもよろこんでいたよ」と感動
    ↓
  ・そして、その職員が、栄養士に報告とお礼に来てました。

 企画して、実践して、楽しんで、満足して、お互い手間を支え合って、そして互いに感謝して・・・・

 素敵な仕事だと思います。
 世の中にいろんな仕事があるのでしょうが、ここまでダイレクトに反応を味わうことができる仕事ってもうそう残っていないと思います。

 こういう様子って、映像化するには難しいし、どこが楽しくて充実しているかといっても数値化できないし、そもそも普遍性もあるかどうか疑わしいのです。
 けど、ギョウザの音と匂いで、間違いなく食欲が増したゲストはいるし、ギョウザを食べて職員に嬉しさを爆発させたゲストもいるんです。そして、そのゲストの喜びを栄養士や他の職員に伝える職員がいる。

 私も、なんとかして“この喜び”をこのブログを読んでいるみなさんに伝えたいと思って、今回は饒舌になってしまいました。お許しください(^_^;)
«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 42 | 43 | 44 || 次へ»

このページのトップへ戻る