社会福祉法人鶯園 神戸事業 ロングステージ 兵庫県神戸市東灘区・灘区の特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス・各種介護サービス

印刷ページを表示

トップページ > ロングステージ通信

ロングステージ通信

 平成28年度の国家試験の日程はまだ詳細発表されていませんが、例年通りなら、

  ・10月上旬 → 介護支援専門員
  ・ 1月下旬 → 社会福祉士、介護福祉士

だと思われます。

 その時期に合わせて、今年も「資格試験対策講座」を行います。
 介護支援専門員は全11回、社会福祉士は全16回、介護福祉士は全18回の予定です。


20160411-20170411.jpg

 今年度から介護福祉士の受験資格に「実務者研修」が必須になるので、その研修を受講する職員も出ています。
 ロングステージでは「実務者研修」受講者が合格した場合には受講費用の一部を負担します。またそれとは別に合格祝い金も支給します。

 さぁ、みなさんがんばって勉強していただいて合格してくださいね!(^^)!
 1月24日(日)介護福祉士国家試験(学科)でした。
 40年に1度という厳しい冷え込みの中、お疲れ様でした。
 もう自己採点された方もおられると思います。如何でしたか?

 27年度の受験者数や合格率については今後報道されると思いますが、26年度については、

  ・受験者数  153,808人
  ・合格率   61.0%

と発表されています。

 153,808人×0.61=93,822.88
 約94,000人の方々が、新しく介護福祉士の資格保持者になったわけです。


20160123-DSCN0109.JPG

 ロングステージでも昨年多くの合格者を出すことができました。
 職員個人個人のがんばりももちろんですが、施設で行っている“介護福祉士国家試験受験対策講座”も微力ながらお役に立つことができたのではないかと考えています。
 毎年度、受験日の3ヶ月ほど前から毎週1回2時間ほどの勉強会です。
 テキストを学習し、過去問題を解き、予想問題に取り組むという、受験勉強の定番をただ実践しているだけですが、現職者なので仕事をしながらの勉強になり、学生時代のように勉強中心の生活リズムを組むことができるはずもなく、こういった形で勉強のサイクルやリズムをつかんで目標に向かっていくのが良いのではないかと思います。
 また、同じ目標に向かっている仲間がいるということも、とかく独学になりがちな受験勉強の大きな支えにもなっているようです。

 ちなみにロングステージでは、大学(短大・専門学校)卒業時に、福祉系の資格(介護福祉士や社会福祉士など)を取得してくる職員はそんなに多いわけではありません。
 また、5年ほど前からは出身学部さえ福祉系ではない学部の卒業生が多いほどです。
 そんな福祉系以外学部出身の職員も、おおむね3年経過後には介護福祉士の資格を取っています。


20160123-tezoe400.jpg

 毎日の業務の流れを理解するだけなら3年もかからない。
 では、この3年で何を学んできているのでしょうか。
 ここが“介護の専門性”と“介護の応用性”だと思います。

 ただ、食事や入浴や排泄のお手伝いや後始末をするだけなら、確かに慣れれば誰にでもできることかもしれません。
 でも、この3年間(もっと長く)勉強したことによって、加齢や認知症の進行によって失われたり弱ったりしたことを補うための手段について、いかにわかりやすく伝えることができるのか、実際に行うことができるのかが、問われているのだと思います。

 『salida』にも『an』にも、『とらばーゆ』にも『タウンワーク』にも、

  ・“ゆっくりだけど丁寧”ができる方大歓迎

と、リードコピーを書いています。

  ・仕事に追われていませんか?
  ・職員のペースにゲスト(利用者)を合わさせていませんか?
  ・時間内に仕事を終えようと無意識に急いでいませんか?

 業務優先、マニュアル主義では「教えられたとおりにてきぱきと」が至上命題ですよね。
 ゲスト誰かにちょっと特別なことをしようとすると、特別扱いしないで公平にだとか過去に事例がないマニュアルから逸脱するとか言われてしまいませんか?

  ・ゲストを主体に考える
  ・ゲストの残存能力を活かす
  ・ゲストの個性を発揮していただく

というMIND的な要素を考え合わせていくと、日々の介護って、

  ・ゆっくりだけど丁寧

を重視しなければならないはずなんです。

 もちろん、ロングステージでもいつでも完全に“ゆっくりだけど丁寧”ができているわけではありません。
 バタバタするときもありますし、緊急事態の場合もあります。
 ただ、気持ちの底流はいつもこのように思っているということです。
 このことがとっても大切だと思います。
 『青年福祉施設研究会』という組織で、社会保障制度全般について学び、現場での実践や課題を研究協議し、私たちの実践が社会保障の一助となることを初志とし活動をしております。
 普段は、経営者層・施設長が集まってのセミナーが多いのですが、今回ロングステージ御影を会場にして、

  ・社会福祉施設中堅職員研修

を、株式会社リクルートマネージメントソリューションズ 永井トレナーを講師に迎えて12月15日から17日までの2泊3日の日程で行いました。

 この研修、かなり大がかりな研修で、7月に2泊3日、そして今回、そして来年9月頃にフォロー研修が1日ある、合計7日間にもおよぶ研修なのです。

 日頃、お付き合いのある施設、神戸近畿圏だけではなく、長野県や福岡県からの参加者もいらっしゃいます。
 参加者は、入職5〜8年くらいの中堅職員、主任や副主任といった頃合いでしょうか。
 もう何日も一緒に研修を受けていますし、2泊3日の間には懇親会も行われます。
 すっかり打ち解けたメンバーは、さながら合宿を過ごした同士のようでした。

 同じ社会福祉施設とはいえ、高齢者や保育、障害と業種は違い、もちろん施設も違うわけですが、福祉への思いや理念は同じところにあるようです。


20151218-DSC_0554.JPG

 今朝、会場の整理をしていて、ホワイトボードに残っていた、

  ・永井トレーナーの似顔絵です。

 このイラストを見ただけでも、どんなに楽しく有意義な研修だったかが目に浮かぶようです。
20151008-DSCN2713.JPG

介護支援専門員受験対策講座風景(10月7日夜の様子)


 いよいよ、試験当日が近づいてきました。
 今日は、模擬試験に挑んでいます。

 次は、社会福祉士・介護福祉士の資格試験受験対策講座も始まります。
  ・社会福祉士受験対策講座  10月 6日より 8回コース
  ・介護福祉士受験対策講座  10月13日より 8回コース

 みなさん、合格目指してがんばっています!
 一昨年から開催している“介護福祉士資格試験受験対策講座”に引き続いて、今年から

  ・介護支援専門員試験対策講座を開催しています。

 6月11日から毎週水曜日の18:00〜20:30の間、各施設からロングステージKOBE岡本に集合して勉強会をしています。
 今回の参加者は17人、都合の悪くて来ることができなかった2人を併せて19人で取り組んでいます。
 介護支援専門員試験は、とても難しくて合格率が20%を下回っているような試験なのです。

null
 試験日は、10月26日(日)です。
 その直前まで、この講座は続きます。
 みなさん、がんばってください!

 なお、今年も“介護福祉士試験受験対策講座”を行う予定で準備を進めてます。
«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || 次へ»

このページのトップへ戻る