印刷ページを表示

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

20180504-DSC_0277_1920.jpg

 心配していた空模様も大丈夫でした。
 鐘と太鼓の鳴り物を響かせながら“だんじり”がやってきます。
 お囃子の音に、心なしかウキウキ、ゲストさんもソワソワしてはります。


20180504-DSC_0257_1920.jpg

 威勢良く“だんじり”が施設の前に到着。
 【アゲ】を3回、【マワシ】を3回、練っていただけます。
 若い男衆の勇壮な動きに見惚れています。


20180504-DSC_0252_1920.jpg

 そして写真撮影タイム。
 グループホームのゲストさんは、みんなで揃って、特養のゲストさんも車椅子で各々に、時間がたっぷりある訳ではないので、結構大慌てです。


20180504-DSC_0287_1920.jpg


20180504-DSC_0286_1920.jpg

 私も写真撮影のお手伝い、その合間に“だんじり”を近くで撮影しました。
 大切に守られている地域の伝統、そして工藝。
 いつも見せていただくばかりですが、何かささやかなことでも協力していくことはないのかなと思いました。
 この時期、御影の街中は“だんじり一色”になります。阪神御影駅南側道路も、提灯と旗で飾られています。
 西之町のみなさん、ありがとうございました。
 また、来年もよろしくお願いいたします。
20180418-DSC_0185_400.jpg
99歳のお祝い膳、摂食回復支援食“あいーと”を使った特製献立

 4月17日、ロングステージ御影で最古参のゲストさんA様のお誕生日です。

 お昼ご飯は、特別製作の【お祝い膳】
  やわらかパン
  牛肉の赤ワイン煮
  彩り野菜のコンソメ煮
  コーンスープ
  ヨーグルト

 大塚製薬(イーエヌ大塚製薬株式会社)さんが製造販売している“あいーと”という「摂食回復支援食」でお出ししました。

 食事も工夫し、手には自助スプーン、なるだけ自分で食べていただくことができるように援助しました。

 Aさん、今年99歳!
 来年は、100歳のお祝いですね!(^^)!
20180321-IMG_0191_400.jpg
特養4階の食事作りレクリエーション


 ロングステージ御影特養4階の料理レクです。
 クリームシチューを作りました。
 それぞれに役割はあるのです。

 ある方は、スライスした人参を“桜型の型抜き”で
 抜いていただきました。

 そして、その人参を加えてのシチューができあがりました。

 もちろんこの大きさでも食べることが難しいゲストさんも
 おられます。
 なので、別にソフト仕様で作ったシチューも準備(こちらは
 厨房で)しました。

 春分の日とはいえ、寒かった今日、温かいシチューで、
 暖まりました。


 このレクリエーションを企画したのは、フロアーのワーカーさんです。
 特別養護老人ホームなので、グループホームやデイサービスと
 違って“包丁”を使うことができるゲストは少ないです。
 けど、昔はきっとご家族の料理を作っていたことでしょう。
 なので、できる範囲のことを今できる能力で手伝っていただくことに
 しました。

 なので、型抜きも立派な役割なんです。

  “人のために役立ちたい”

 そんな、心を満たしてくれるレクリエーションになっていたなら
 私たちもとっても嬉しいです!
 施設には多くのボランティアさんに来ていただいています。


20180317-IMG_0168_400.jpg
感謝するしかありません

 リハビリ体操の指導、園芸(大根の収穫)、マージャンとお願いしています。
 他に、ちぎり絵の指導や朗読、囲碁将棋、そして傾聴をお願いする方々には定期的に来ていただいています。
 また、フラダンスやハーモニカ演奏、いろいろな歌唱グループも自慢の喉声を響かせてくれています。

 時々来るボランティアさんも、しょっちゅう来るボランティアさんも、とってもありがたいです。
 外の風を運んでいらっしゃいます。
 もう、感謝しかありません。
 今後とも、よろしくお願いいたします。

 写真は、インスタグラム用のLayoutというアプリで作りました。
 どちらかというとインスタグラムの方が手軽なので(iPadを持って出かけるとその場で投稿できたりします)、#lonhstageで検索していただいて、フォローしていただけるとありがたいです。
 求人情報誌『タウンワーク』への掲載を続けています。
 基本2週間毎に原稿を変えていきます。
 今回は2月5日(12日)号、これから2月19日(26日)、3月5日(12日)、3月19日(26日)と掲載するべく“ネタ”を仕込んでいます。

 “ネタ”とは言っても、ロングステージ神戸事業の基本的な考え方は、

  ・現場の声をありのままに伝えたい

ですので、「外部コンサルタントの甘い言葉」や「夢物語に終わりそうな抽象的物語」は使いません。

 この考え方が、“インスタグラム”には合っていたように思います。
 “インスタグラム”は、写真を主にしたSNSです。
 写真は現実を写し取ります。
 そして、私たちは、その写真を使って伝えたいことを言葉で補います。
 旅行に出かけるときに、文章で書かれている情報を、現地の写真で確かめるのに近い感覚だと思っています。
 
 始めは“インスタ映え”する写真をたくさん載せていこうと意気込んでいました。
 けど、ふたを開けてみると、行事や食事の投稿の時にも“いいね”がたくさん集まります。
 綺麗・素敵も良いけれども【特養ホームの日常】にも、みなさん興味を持っておられるのだと思いました。そして、知りたい情報なのだとも思いました。
 日常は、平凡なんですよ!
 そんなにいつもと違うことばかりしているとゲストも疲れてしまいますし、職員も大変です。


20180215-tw20180205_400.jpg
SNS始めました! というリードコピーです!!

 インスタグラムのアカウントをお持ちの方は、一番見やすいと思いますので、アプリから(#ロングステージ、#特養で働きたいや#longstageで検索してみてください)
 アカウントをお持ちでない方は、インスタグラムの投稿内容をインターネットのブラウザ(パソコンでもスマートフォンでもOKです)で閲覧できるサイトを作っています。
 →http://long-stage.net/ 
«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || 次へ»

このページのトップへ戻る