印刷ページを表示

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

 あったかファミリー神戸から5人のみなさんに来ていただいてコーラスを楽しみました。
20100209-DSCF01933.jpg  20100209-DSCF01922.jpg
ピアノの置いてある1階と3階のテラスで歌っていただきました。(※ソフト加工しています)


 歌っていただいた曲目は、

   ・リンゴの歌
   ・二人は若い
   ・東京ラプソディー
   ・春の小川
   ・春が来た

で、最後にオリジナルソング『お母さん』を歌っていただきました。

 主宰する川本ルリ子さんは、
   【音楽は宇宙からの贈りもの〜あったかファミリー編〜】
という活動をされており、多くの施設でコンサートや講演会をされているとのことです。選曲や間合い、曲間のお話など、会場が柔らかな雰囲気に包まれる素敵な時間でした。

 1月30日(土)【神戸ウインドシンフォニカ】さんによる“ふれあいコンサート”が行われました。トランペット、トロンボーン、クラリネット、フルートなどの楽器が奏でる生演奏を楽しませていただきました。高齢者施設に響く‘ブラスの調べ’なかなか素敵でした。

20100201-DSCF01677.jpg
指揮者を見詰める真剣なまなざし、揃いのトレーナーで決めています!


【神戸ウィンドシンフォニカ】
 神戸ウインドシンフォニカは、昭和63年(1988年)4月、神戸の地に誕生しました。
同じ高校の吹奏楽部仲間だった、現指揮者のY氏と初代団長のT氏が、高校を卒業と同時に「誰でも参加できる市民バンドを創ろう」と、友人や先輩たちに声をかけてスタートしました。当初の団員数は10名前後。毎回の練習参加は4〜5人という苦しい時期が4年ほど続きました。その後、団員の友人関係などで少しずつ団員の数も増えていき、舞台の数も増えてきました。
 現在は、団員の友人関係で入団した人だけではなく、団員募集のチラシや広告を見て入団した人、定期演奏会を見に来て入団した人、ホームページを見てきたなど、色々な年齢や職業の人が団員として活動しています。

20100201-DSCF01699.jpg
ミニオーケストラとはいえ、24人の編成。大迫力でした。


演奏曲目
  ・バンドワゴン
  ・あの日聴いた歌
  ・童謡メドレー
  ・上を向いて歩こう
  ・ふるさと
  ・365歩のマーチ

 神戸ウインドシンフォニカのみなさん、素敵で迫力のある演奏をありがとうございました。ぜひ、また来てくださいね。お願いいたします。
 少し遅くなりましたが、“新年をお祝いし、一年の始まりを感じていただく機会を持つ(行事係企画案より)”目的で【2010新年会】を1月17日行いました。

20100117-CIMG02677.jpg  20100117-CIMG02644.jpg
凛々しい姿の【獅子舞】ですが、衣装の下から“職員の制服姿”が………


 新年会は、獅子舞のお出迎えから始まりました。獅子に噛まれることにより一年間の厄払いになるという言い伝えからゲストのみなさんの頭を噛んで回る獅子です。そしてお囃子に合わせて舞いを演じてもらいました(“中身”は職員なのですが)
 次は【羽根つき】、羽子板を使って羽をつきます。この行事も元は女の子の厄払いに由来しているそうです。そして、餅つき、ペッタン、ペッタンとお餅をつきました。

20100117-CIMG02722.jpg  20100117-CIMG02755.jpg
“腰”の入ったMさんの杵使い、餅つきの後は【お汁粉】をいただきました。


 新年会の最後はみんなで【お汁粉】を楽しみました。この頃寒い日が続いていますので‘あま〜い’お汁粉を食べて、身体を温かくして、風邪など引かぬようにがんばりましょうね!
 毛布に包まれて大きな荷物が到着しました。何かの部品のようですが、よくわかりません。取りあえず会議室に運び込み、ひとつひとつ包装をはがし組み立てていくと“マリンバ”が出来上がりました。
20100106-CIMG02377.jpg
演奏中の高村さんです。みなさんも一緒に歌っています。

 マリンバの演奏をしていただくのは、高村祥子さんと岡本英実さんです。まずは岡村さんが、♪大きな古時計♪などの演奏をされ、次に高村さんが♪お正月にちなんだ歌を何曲かと懐メロを演奏してくださりました。そしてマリンバ独奏の曲も演奏され、その演奏テクニックに目を見張りました。そして、最後はみんなで♪ふるさと♪を歌い楽しい時間は終了しました。
20100106-CIMG02366.jpg  20100106-CIMG02344.jpg
高村さんと岡本さんに演奏していただきました。

 ところで、マリンバって“マレット(ばち)”を片手に数本持って演奏してらっしゃることが多いですよね。そこで、私はその持ち方を今回質問してみました。そして実際に片手に二本持ってみました。一応持てましたが、これで演奏するのは難しいことなのでしょうね。
 マリンバの音は、どこか暖かみがありそして懐かしい音のように思います。そして迫力もありリズムも感じます。またの機会があれば聞いてみたいなと思わせる今日の演奏会でした。
 フロアーのゲストから、優しくそして温かい声がかかります。
 一緒に働いた仲間たちから、励ましや感謝の言葉が贈られます。

20091216-CIMG01544.jpg  20091216-CIMG01577.jpg
ゲストからの花束贈呈、そして集まった仲間からのねぎらいの拍手(※ソフト加工しています)

 ゲストと接した時間、介護について考えたこと悩んだこと、仲間との協調や衝突、
 いろいろなことがあったことだと思います。それはみんな人生の糧(かて)となることでしょう。

 “人と関わる仕事”をしている私たち。

   ・ロングステージで働いたことを誇りに思って、
   ・ロングステージで経験したことを糧として、

 素敵な女性として、楽しい家庭を、豊かな人生を築いてください。

 おめでとうございます。そして、今までありがとうございました。

追伸
 また、時々、施設に顔を見せに来てくださいね(^_^)/~
«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 | 25 | 26 || 次へ»

このページのトップへ戻る