印刷ページを表示

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

 オフィシャルホームページをリニューアルしました。


20180223-IMG_0103_400.png
ちょっと見にくいですがTPOページからインスタグラムへ

 実は、私も“インスタグラム”を始めたのは施設のインスタを開設するからでした。
 そのために、自分自身もインスタのアカウントを持ったのですが、“フォロー”や“いいね”をすると、ある程度の情報が流れてしまいます。
 もちろん、そうやって繋がっていくことが面白いSNSではあるのですが、仕事とプライベート、そしてプライベートでも属するグループなどで、アカウントを使ってインスタにアクセスしたくない方もおられることだろうと思いましたし、そもそもインスタのアカウント自体をつくることが面倒くさいという方もおられると思いました。

 そんな方々のために、スマホやパソコンのブラウザから見ることができる、webサイト
(http://long-stage.net/)を作りました。
 そして今回、そのサイトに、オフィシャルホームページからのリンクを貼り付けました。

  ・こんなに目立つ位置で良いかと思うほどです。

 ブログとの連携や役割分担などを考えていかなくてはならないのですが、いろんな媒体でそして方法で、ロングステージの中身を伝えていきたいと考えています。

 インスタは、写真主体
 ブログは、文章主体 という感じで進めていこうかと考えています。
20171204-slide4_pc.jpg
☆☆☆ホームページをリニューアル☆☆☆


 社会福祉法人鶯園 ロングステージ神戸事業のオフィシャルホームページをリニューアルしました。

  ・写真を大きくしてさらに見やすくしました!
  ・レスポンシブル化でスマートフォンでも見やすくなりました!

 内容は、今まで通りに、

  ・現場、現物、現実

を、私が撮った写真と書く文章を中心にして伝えていきます。

 併せて、介護への思いや夢を伝えることができればと願っています。

 先にリニューアル公開している“採用情報サイト”も併せてご覧ください。
 引き続き、よろしくお願いいたします。

 この“ロングステージ通信”、今回のリニューアルで【スタッフブログ】に名前が変わりました。
 今の気温は33℃(11時30分現在)
 まだまだ、厳しい残暑が続いています。

 心配していた“計画停電”もなんとか回避できそうな状況と聞いています。

 空調温度の調整や照明の減光など、一部ご不自由をおかけしたしたところもあるかとは思いますが、安定した電力供給のための節電に協力したためとご理解ください。

 明日からの9月、敬老月間になります。
 各施設で“敬老祭”などの催し物を行います。

 また、来春採用者についても専門学校卒業予定者につては、今からが本番です。
 四年制大学卒業予定者についても、まだまだ説明会を開催しておりますので、採用サイトまたはマイナビを見ていただき、エントリー&予約をお願いします。
 今年の参加者はなんと250名弱!
 10人掛けのテーブルが25脚!!
 満席になると壮観なほどです!!!

 まず小林常務のあいさつで幕を開け、

 来賓の小山先生(兵庫県立大学教授)の乾杯の発声で会食懇談が始まりました。

 10年永続勤続者の表彰の後に、新入職員の紹介です。

20120409-DSCN0066.JPG


20120409-DSCN0067.JPG


 舞台に上がって、一人づつ自己紹介。

 こちらこそ、よろしくお願いします。

 親睦を深め、明日への活躍を祈念した2時間でした。
「介護サービス情報の公表」について(兵庫県のホームページより引用)

「介護サービス情報の公表」制度の趣旨・目的
 介護保険制度において「介護サービス情報の公表」制度の仕組みを導入する趣旨・目的は、介護サービス事業所自らの責任において情報を公表し、利用者がその公表された情報を活用しながら自らの責任において主体的に介護サービス事業所を選択するための環境整備を行うことです。
 介護保険サービスの質は、高齢者の自立支援に資する利用者本位のサービスであることから、利用者自ら、介護サービス事業所における当該情報を入手し、適切に介護サービス事業所を選択することが求められます。こうした利用者の選択(自己決定)を適切に機能させることで、介護サービス事業所においてはサービス改善への取組みが促進され、利用者の支持を得るためのサービスの質による競争が機能することにより、介護サービス全体の質の向上が期待されます。

 ロングスージ灘、KOBE岡本、御影、KOBE大石共に、事前に調査票を記入提出し10月にそれぞれ確認調査を受けました。
 結果については、調査指定期間から情報公開センターにデータ送付後公開されることになります。


 いろいろな所に保管してあるいろいろな資料を準備して、私たちが普段行っている介護を、系統的に見ることができる良い機会になりました。入居を検討されている方々や介護をされているご家族のために役立つことになっていればと願っております。
«前へ || 1 | 2 | 3 || 次へ»

このページのトップへ戻る