印刷ページを表示

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

 “オカリナ”って知っていらっしゃいますか? 
 優しくまろやかな音色を奏でる素敵な楽器です。
 NHK大黄河のテーマ曲♪演奏:宗次郎が頭に浮かんできますし、
 さつきちゃんとメイちゃんがトトロたちと一緒に大きな木の上で吹いていたシーンも思い出されます。

 グループで活動されている【ビリーブオカリナ】さんが御影に来てくださいました。

20091202-CIMG0137.JPG  20091202-CIMG0136.JPG

暖かなそして光降り注ぐデイルームで演奏していただきました。


 馴染みの童謡、昔懐かしいナツメロ、そしてピンポン玉とビーズで製作した手作りの‘鳴り物’を使ってのクリスマスソングと楽しいひとときを過ごしました。

 歌を歌うと言うことは、歌詞を思い出し、声を口からだし、息を大きく吸い、そして手拍子や身体でリズムを刻むことができる、全身運動です。普段は運動量の少ないゲストも大きな声を出されたり手を打ったりしておられます。音楽の持つ力を感じる瞬間です。

20091202-CIMG0139.JPG  20091202-CIMG0140.JPG

今回演奏に使われたオカリナです。
キーや音階によって大きさがあるそうです。なのでハーモニーを奏でることが出来るのですね。
 5階屋上農園での今年最後の収穫を行いました。‘大葉’‘枝豆’そして今回の‘さつまいも’です。耕した畑にスコップを差し込みよっこいしょ、蔓が引っ張られると土に中からさつまいもが姿を現します。

20091127-CIMG0131.JPG  20091127-CIMG0130.JPG

力を込めてスコップで(by寮母長)、綺麗なお芋でしょう!


 どんどん掘り出します。肥料十分、土も柔らかと言うわけでもありませんので小振りなお芋が中心ですが、こんなにたくさん収穫できました。

20091127-CIMG0134.JPG

白いさつまいも:南九州だけの白い唐芋(黄金千貫)です。


 白いさつまいもが掘り出されて、始めはびっくりしていた私たちですが、調べてみると南九州ではごく普通の芋で、鹿児島県では最も多く栽培されているさつまいもだそうです。昨今の焼酎ブームで原料不足として世間を賑わせているのもこの種類のさつまいもとのことです。

 実は(全くの偶然なのですが・・・)、今日のおやつは【焼き芋】でした。収穫後、フロアーをに戻ると、

  ・「今日のお芋美味しかったです!」

と声をかけられ、なんともいえない笑みで返事をすることになる職員のみんなでした。

20091127-CIMG0135.JPG

おやつの【焼き芋】です。今日掘り出したさつまいもではありません(^_^;)


 インターネットで公開される‘ロングステージ通信’に載せる写真では、なかなかゲストのみなさまが写った姿をお見せすることができません。今回は天気も良く、ゲストのみなさんの表情も良く、職員も活き活きとしている写真をたくさん撮っています。そんな写真を施設の中に掲示しますので、来苑の際に是非見てください。
 地域密着型の施設である“グループホーム御影”では、おおむね2ヶ月に1回の割合で【運営推進会議】が開催されます。堅苦しい名称ですが、地域からのお知らせや事業所からの連絡、そしてゲスト様のご様子などをお伝えする1時間あまりの集まりです。
 11月14日は今年4回目の集まりでした。議題はいつもの内容に加えて、日頃お世話になっている「アスク薬局海星店の佐藤継一さん」をお迎えして、『薬業界の認知症、インフルエンザの現状』というテーマでお話をしていただきました。

20091117-CIMG0120.JPG

佐藤さんに持ってきていただいた認知症などのいろいろな資料です。


 最初にインフルエンザの話をしていただき、効果的な予防や治療の方法などを資料を使いながら分かり易く説明していただきました。そして次は「老化による物忘れ」と「認知症による物忘れ」の違いなど認知症についてスライドを使って説明していただきました。

20091117-CIMG0123.JPG

スライドを使い説明する佐藤さんです。


 今までにも認知症老人を支える会の河西さんにお越しいただいたこともあります。いつもは報告や情報提供を中心に進めている運営推進会議ですが、今日のように新しい知識の学習の場としても、同じ介護を続けてきたもの同士、同じ悩みを持ってきたもの同士、分かり合える部分が多いのではないかと思います。
今月のおすすめスイーツは、

   ・りんごのパウンドケーキ

です。管理栄養士さんが焼いてきてくれました。

20091111-CIMG0112.JPG

綺麗に焼けたパウンドケーキ、上面にりんごの薄切りが敷き詰められています。

生地の中にもりんごの薄切りが入っています。


他にもケーキやアイスクリームなどのスイーツを準備して、珈琲や紅茶と共に喫茶を楽しんでいただいています。

20091111-CIMG0116.JPG

カットして、生クリームを沿えて、カットフルーツを付けてお出しします。


“喫茶なぎさ”の営業時間は、午後2時から4時頃までです。準備は午前中から始まります。普段は会議や研修をしている部屋ですから、がらりと雰囲気を変えていくために、いろいろな演出はかかせません。普段は5階で使っていない、他のフロアーの机を持ってくるのも結構な力仕事です。業務のやりくりや人の手配もあって、大変なことは大変なのですが、普段と違う雰囲気の中でゆったりと喫茶をされているゲストの姿を見ているとそんな苦労も報われて、私たちも嬉しい気持ちになってきます。このことが、喫茶をすることの魅力ではないかと考えています。

そんな喫茶をロングステージKOBE大石でも始めようと、大石の職員が3人お手伝いに来てくれました。大石では最上階の8階で行う計画をしているそうです。御影は5階ですから、きっともっともっと素敵な景色の中での喫茶なのでしょうね。オープンを楽しみにしています。

20091111-CIMG0119.JPG

ロングステージKOBE大石からお手伝いに来ていただいた3人です。

オープンしたら、ご馳走になりに行きますよ!
若い頃、生け花をしておられたゲストが多くおられます。
綺麗なお花を見ると、心が豊かにそして優しい気持ちになるようです。

障害で手を上手に動かすことが出来ないゲストも、
認知症でなかなか自分の思いを語ることが出来ないゲストも、

手が目が気持ちが自然に動くのでしょう、
お花を持つと生けようとされるのです。

もちろん、スピードはごくゆっくり、できあがりが少々奇抜なものもありますが、
自分自身で生けられた花々は、きっと花屋のどんなアレンジメントよりも輝いているのだと思います。

さて、御影のフラワーアレンジメントの先生は、以前御影で働いておられた職員にお願いしています。
今は違う所属に異動されましたが、月に1回フラワーアレンジメントのために来ていただいています。

30人ほどのゲストが参加されるフラワーアレンジメント、用意する花々の量も結構なものになります。
それらを事前に準備していただき、当日は指導を、そして後片付けを一手に引き受けていただいています。

また、玄関ホールなど用にも作っていただき、フラワーアレンジメント終了後はゲスト自身の作品も
あちこちに飾られて、御影の館内はお花で埋め尽くされているほどです。

ただ、残念ながらこの形でフラワーアレンジメントを行うのはこれで最後となってしまいました。
今までお忙しい中、ありがとうございました。

20091030-CIMG0106.JPG

今回のフラワーアレンジメント作品


20091030-CIMG0101.JPG

今回のために準備された花々です。レクリエーションの準備は手間もかかります。
«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 23 | 24 | 25 | 26 || 次へ»

このページのトップへ戻る